立地を選んでビジネスを成功|会社設立するなら専門家に相談

男の人

代行してもらおう

香港

香港での90日以上の滞在を考えるのであれば、就労ビザが必要になります。ビザは香港の公的機関に申請することになり、申請書などが必要です。ビジネスが目的であっても短期の出張などはビザの申請が免除となりますが、本格的に香港で仕事をしようと考えている場合には就労ビザは必須です。このビザの取得方法としては、香港でビジネスを行う際にサポートしてくれる進出向けの企業を利用すると良いでしょう。ビザの内容にもよりますが、平均で数万円前後の価格でビザ取得を代行してくれます。香港へ書類を提出する場合には英語なども知っていなければなりませんが、代行してもらえば言語スキルなどは気にしなくても良くなります。ビザが発行されるまでは1ヶ月程度かかりますので、必要な時期を逆算して申し込んでおきましょう。香港は仕事で訪れる人も多く、ビザ取得は難しいものではありませんが日本語での申請ができる訳ではありませんので代行業者に頼むことが向いているのです。専門の知識を備えたスタッフが書類の提出をしてくれるため、トラブルなくビジネスでの渡航ができるようになります。特に香港で会社や事務所などを開こうとしているのであれば、必ず必要な手続きにもなりますのできちんと行っておかなければなりません。必要な書類などは代行業者が教えてくれますので、簡単に申請ができるようになっています。ビザの申請には資格などは必要なく、ビジネス目的で取得する人も増えています。